購入派と賃貸派、あなたはどちら?

マイホームの購入は、人生で一番高い買い物であるといわれます。その為、マイホームを購入せずに、賃貸で一生を過ごす人も少なくありません。購入と賃貸はどちらもメリットとデメリットがあります。マイホームを購入することのメリットは、住宅ローンを完済後に土地と建物が自らの持ち物になるということです。建物はいずれ解体される運命にありますが、土地は永遠に残ることになります。そしてそこを売却したり人に貸したりすることもできます。逆にデメリットは、何十年にも及ぶローンを組んだりしなくてはならないことでしょう。さらにローンを返済し終えたころには、建物も経年劣化でだいぶ古くなってしまっています。では、賃貸の場合にはどのようなメリットがあるのでしょう。

賃貸は土地の下落の影響を受けにくい

賃貸のメリットは、土地の下落の影響を受けにくいというところにあります。不動産を購入した場合、その後土地値が変化します。売却する際に土地値が上がれば高く売ることも可能ですが、逆に低くなると損をすることにもなりかねません。ところが賃貸であればその影響を受けることはありません。もしも賃貸で住んでいる土地が値上がりしたとしても、それに応じて家賃が値上がりする可能性はあまりありません。他にも賃貸であれば、自由に住み替えが可能になります。逆に賃貸のデメリットは住んでいる家が、一生自分の持ち物にならないということです。このように両者とも良い点と悪い点がありますが、購入か賃貸かどちらを選択するかは、じっくり考えて選ぶようにしましょう。

札幌北区の賃貸住宅は、ファミリー向けの住宅も多数揃っています。LDKは10帖以上の広さを持つ所が殆どで、居間も8帖を超える所もあります。事務所としての利用や、ルームシェアが可能な物件もあります。