支払う家賃は利用料金であって資産にはならない

賃貸契約を行った上で毎月支払う家賃は、あくまでも賃料であって払った結果として住まいが資産となるわけではありません。オーナーの所有物である部屋を1ヶ月間借りることに対する利用料金だからこそ、契約期間は払い続ける必要があります。一方、持ち家の場合には住宅ローンを組んで数十年という長い歳月をかけて返済を行いますが、毎月のローン返済額は完済することにより資産へと変わるわけです。このため、社会人となってから比較的早い段階で住宅ローンを組んででも持ち家を購入することは、一括購入よりも高額な住宅ローン返済を考慮しても資産形成を考えるなら有効な方法となります。賃貸契約に基づき支払う家賃は、契約期間に関係なく資産形成には全く寄与しない点に注意しなければなりません。

住み替えやすさと消費のバランスを考えよう

資産形成に役立たなくても賃貸を選び続ける選択は、住み替えやすさという観点を重視すれば有効な方法となります。資産が欲しい人にとっては賃貸は勿体ない契約に映りますが、住居費に対してさほどかけたくないという考え方ならば資産にならないというデメリットを感じません。なぜなら、一人暮らしと子供を含む家族では必要となる部屋の数や生活環境が異なるので、独身から結婚・子育て・子供の独立といったライフステージに合わせて住み替えするという点では賃貸が有利となるからです。資産が欲しいなら持ち家を購入しない賃貸はデメリットと思えますが、住む場所の自由度にメリットを感じるならば住居費を最小限に抑えられるというメリットがデメリットを上回ります。