購入よりも初期費用が安い

持ち家を持つというのも魅力的な選択肢ですが、ネックとなるのが費用の問題ではないでしょうか。頭金だけでも購入物件の1~2割くらいを用意するのが一般的であり、大きな負担となることが予想されます。費用の大きさが気になるようなら賃貸を選択するのも良いかもしれません。賃貸物件も敷金や礼金、数ヶ月分の家賃といった初期費用が必要になりますが、購入をする場合と比べて安上がりになることが殆どです。また、中には敷金や礼金などの支払いが不要な物件もあります。この場合は初期費用の中でも負担に感じやすい敷金などが不要となることで、契約時の負担を最小に抑えることができるのです。お得に暮らし始められる物件として注目されています。

賃貸を支払い続けるのは嫌?

初期費用を安く抑えられるのが賃貸の良さです。ただ、賃貸ですと家賃をずっと支払うことになりますので、長い目で見ると購入をした方が良さそうにも感じられるところですよね。購入も賃貸も一長一短があるため、どちらが良いとは一概には言えないのですが、あえて賃貸を選ぶというメリットもあります。持ち家の場合ですとローンの支払いが終わったとしても、建物の維持のために費用が掛かりますし、時には予期せぬ高額の出費も発生し得えるものです。一方、賃貸の場合は基本的に家賃以外の負担がありません。仮に設備が壊れた場合も大家さんの負担で直してもらうことができますので安心です。賃貸は初期費用が安い上、固定費も安定させやすく、家賃を払い続けるだけのメリットもあるのです。