子どもの成長に合わせて引っ越しできる

子どもがいるいないで、必要部屋数は変わってきますよね。赤ちゃんの頃はともかく、自分の部屋が欲しいと言い出す年頃は必ずと言っていいほど訪れるものです。ですが年をとって子どもも巣立ち夫婦2人になった時には、子ども部屋に使っていた部屋は不要になり、かえって使いづらい広さだったりします。高齢になると部屋数があるよりも、広い部屋でのびのびと過ごすLDKがあれば大丈夫、ということになる場合も多いでしょう。そんな時には賃貸であると、ライフスタイルの変化にも対応でき快適に過ごせるかもしれません。また、子どもの成長に伴い、公園や買い物ができる場所が近いところへ、家から学校が近いところへ、庭付きのところへなど、色々な変化の対応に強いところも賃貸の魅力ですね。

年齢に伴う交通手段にも対応できる

生活に必要な交通手段は、子どもがいる場合と高齢夫婦の場合などライフスタイルよって違いますよね。例えば子どもが小さい時には、買い物をすることや、幼稚園保育園などの送り迎えを考えてみても自家用車があると便利です。年をとってくると自家用車は不要になり、公共交通機関を使うか、徒歩という手段を取ることになります。そんなライフスタイルの変化に強いのは賃貸です。賃貸に住んでいると多くの場合は月計算で駐車場代を払います。もし自家用車が不要になれば、駐車場契約を解約し経済的負担も減るでしょう。また、高齢になり自家用車が不要になった場合には、公共交通機関が近い場所や徒歩で買い物に行けるところに引っ越すこともできます。賃貸には経済的にも身体的負担にも対応出来る強みがありますね。